来店不要でキャッシングを利用する場合の注意点

最近ではインターネットの普及により、オンライン上で簡単にお金を借りることができるようになりました。いわゆる「来店不要のキャッシング」に対応した業者もたくさん増えており、これまで消費者金融の主流ともいわれている「自動契約機」よりもさらに進んだ「誰にも会わずに手続き」できるということで高い人気があります。

 

 

しかし、そんな来店不要キャッシングについてですが、必ずしも良いことばかりではありません。まず、考えられるデメリットとしては「時間的な制限」が大きいという点が挙げられます。

 

来店不要ということなので、キャッシングの契約から融資の実行まですべてオンラインで行うことになります。

 

 

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • アイフル
  • ノーローン

これらの消費者金融は全てこのシステムを標準装備しています。この場合、融資の実行は指定した銀行口座への振込という形で行われる場合がほとんどなので、銀行が営業していない時間帯には借入金を受け取ることは不可能です。

 

たとえば土日や祝日などのように、銀行の休業日には事実上お金を借りることは不可能になりますし、平日であっても申し込んだ時間帯によっては翌日以降の受取ということになります。

 

この点については、時間的に急いでいないという場合にはそれほど大きなデメリットにはならないのですが、次に問題となるのが「カードの受取」です。キャッシング業者の店舗や自動契約機で直接契約をする場合、

 

 

キャッシングに利用可能なカードはその場で発行されるため特に問題ない


のですが、来店不要キャッシングの場合、カードは後日郵送されることがあります。そのため、ポストにキャッシングに利用するためのカードが届くことになり、家族にキャッシングを利用しているという事実を知られてしまう可能性が高くなります。

 

家族に知られても問題ない、或いは一人暮らしなのでカードが届いても大丈夫ということであればこの点についてもデメリットにはなりませんが、できれば家族には知られたくない、夫に内緒でお金を借りるという場合には郵送物がない業者を選ぶといった注意が必要です。

 

アルバイトのカードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関