プロミス即日融資

プロミスの即日融資サービスは業界最高峰

 

プロミスの即日振込サービス

プロミスで即日融資を受けたいと思っているなら、他社同様にインターネットからの申し込み手続きをすることになります。ただプロミスの場合はWEB契約が完了していれば振り込みが行われるため(もちろん振込可能時間内に振込融資の手続きをする必要がある)、他社よりもその条件が厳しくないという良さを持っています。

 

基本的にはインターネットの申込みフォームから手続きを始めて、必要な書類を提出して審査を受けます。これは通常の借り入れと同じですが、この時間帯が問題となります。

 

平日であれば14時までに契約を完了させなければ振込が行われなかったため、逆算すると少なくとも正午までには申込みをしておいた方が14時までにWEB契約を完了させる必要がありました。

 

 

しかし現在プロミスでは、全銀システムの稼働時間拡大に対応した事により、原則24時間振り込み可能になっています。


 

ですので21時くらいの申込でも何とかなった例も出てきているのですが、かなりギリギリになってしまう可能性があるので注意してください。また申込みだけはしっかりできても、在籍確認が行われていないとWEB契約まで辿り着きませんので注意してください。

 

上手く手続きが完了すると振込融資が行われるようになります。なおそれ以降については対応している銀行口座を持っていても即日振込が受けられないので気を付けてください。(他の方法での即日融資はまだ可能性はあります

 

また土日と祝日の対応口座も増えていますが、ジャパンネット銀行や三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行は瞬フリに対応しているので、口座登録することにより確実に24時間365日最短10秒で振り込み可能です。その他の対応していない口座であっても、自動契約機を利用してカードを即日発行する方法が可能です。

プロミスの即日カード発行サービス

 

即日振込の可能時間を過ぎてしまった場合でもこの方法が使える所が銀行カードローンよりもスピード融資可能な要因の一つです。

 

 

しかも銀行カードローンは現在、金融庁からの規制で審査に反社会勢力チェックを反映させなければならず、審査に二日以上掛かるため即日融資は不可能となっています。


 

ネットで契約して最寄の自動契約機でカード発行するだけで、即日融資が受けられる状態となるので結構便利です。

 

 

この方法のメリットは即日振込の範囲外でも即日融資を受けることができるということです。


 

これなら自動契約機が稼働しなくなる21時くらいまでならお金を借りることができるので、時間が遅くなっている方はこの方法を利用すればいいのですが、プロミス側の審査する機関が稼動している時間内に申込まないと翌日審査になってしまいますので申し込みは早いに越したことはありません。

 

プロミスはWEB契約まで行っていれば大丈夫だという所に利点があり、借りられる可能性は結構高いです。インターネットからしっかりと申込みを行って、最終的にはWEB契約まで至ればもう問題はありません。プロミスの自動契約機は全国いたるところになりますので探すのに苦労することはないでしょう。

page top